トップバリュ「ワールドダイニング」のバリエーションがスゴい!! アジア料理27品の中からインドカレーとミーゴレンを食べてみた!

world1

私(記者)は仕事がら、ほぼ一日家にこもってパソコンとにらめっこなことが多いです。合間にそそくさとランチを済ますなんてこともしょっちゅう。外に出るのがめんどくさいことこの上ないので、家にランチ用の買い置きは必須といえましょう。

そんななか、先日久しぶりにイオンに行ってビックリ。な、なんかトップバリューの冷凍食品がスゴいことなってるーーーーっ!! 「World Dining(ワールドダイニング)」シリーズと称して各国のアジア料理がズラリ!

バリエーションが豊富すぎて「トップバリュ、いったいどうしちゃったの……」というレベルなんですが、問題はおいしいかどうか。さっそく2品買ってみたので、今回はそのレポをしたいと思います。場合によっては私や皆さんの今後のランチライフにかかわってくるかもしれない……これはゆゆしき事態です。

【アジア料理が全27品!!】

先月からイオンが展開をスタートした「トップバリュ ワールドダイニング」。“ 世界の「本場の味」をご家庭で手軽に ”というコンセプトのもと、第1弾としてアジアのエスニック料理27品がラインナップに並びます。

その中から私が今回チョイスしたのは冷凍食品の「チャナマサラ&タンドリーチキン」カップ麺の「ミーゴレン」。選んだ理由は、どちらもこれまで冷凍食品やカップ麺として食べたことがないようなめずらしいものだから。

さあ、いったいどんな味なんでしょうか。

【チャナマサラ&タンドリーチキン】

まずは「チャナマサラ&タンドリーチキン」から。ひとつのプレートに白米とカレールー、タンドリーチキンが入っていますが、記載の時間どおり電子レンジで加熱したものの、白米は熱くなってるのにルーの中心部分がまだ冷たいままという事態に。

ワンプレートタイプの冷凍食品にはこうした短所がありますね。
world5

world5

白米はタイ産のインディカ米で、ビジュアルからインドカレー気分を楽しめます。さて、実際に食べてみると……ビックリするほど辛い!

どれほど辛いかというと、インドカレー屋さんで辛口を頼んだら「シャレにならないぐらいけっこう辛いの来たー!!」というぐらい。辛いのが苦手な人にはオススメできないかな。
world9

world9

でも、豆の味とトマトの酸味が感じられて、味自体はまあまあおいしいです。

そしてタンドリーチキンは添え物程度ですが、“インド風のスパイスを効かせた鶏の唐揚げ”にしか感じませんでした。

【ミーゴレン】

ミーゴレンのほうはパッケージ、作り方ともに、カップ焼きそばとまったく同じ。熱湯を注いで3分間待ち、お湯を捨てて添付の粉末ソースを混ぜあわせます。
world6

world6

こちらは正直、「ミーゴレンってこういう味だっけ……?」と首をひねる感じ。けっしてまずくはない。カップ焼きそばの類としてはむしろおいしいほうだと思うのですが、ミーゴレンかと言われると、なんとも微妙な気持ちになってしまいます。たとえるなら「何かアジアンな風味のするカップ焼そば」という表現があてはまるかもしれません。

【値段も案外安いのだ】

どちらも手放しで「絶品!!」と大絶賛までは行きませんでしたが、30種類近くのメニューを展開し、一つひとつに趣向を凝らしているのにはとても熱意を感じます。ラインナップは、

・冷凍食品(18品)
「グリーンカレー」「カオガパオ」「「カオマンガイ」「パッタイ」「トムヤムクン」「トムヤムガイ」「トムカーガイ」(以上タイ)、「キーマカレー&タンドリーチキン」「チャナマサラ&タンドリーチキン」(以上インド)、「ナシゴレン」(インドネシア)、「ビビンバ」「カルビクッパ」「プルコギトッパプ」「ユッケジャンスープ」(以上韓国)、「ルーローファン」(台湾)、「フォー・ガー」(ベトナム)、「担々麺」「酸辣湯麺」(以上中国)

・レトルト食品(6品)
「グリーンカレー」「イエローカレー」「マッサマンカレー」(以上タイ)、「バターチキンカレー」「キーマカレー」「ビーフマサラカレー」(以上インド)

・カップ麺(3品)
「トムヤムクンヌードル」「グリーンカレーヌードル」(以上タイ)、「ミーゴレン」(インドネシア)

以上27品。アジア料理よりどりみどり状態じゃないですか? しかも値段もお安いんですよ。

たとえば今回の「チャナマサラ&タンドリーチキン」は429円(税込)、「ミーゴレン」は105円(税込)。自分ひとりの家ランチには、とってもありがたい価格です。

アジア料理好きな方は自宅用の買い置きにいかがでしょうか。これだけ種類があると「どれにしようかな」って迷うのも楽しかったりしますね。

参照元:「トップバリュ ワールドダイニング」第1弾アジアシリーズ
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼冷凍されているのを電子レンジでチンするだけ! 6分待てばインドカレーが自宅で食べられちゃう!!
world4

world4

▼タンドリーチキンというより「アジア風味の鶏唐揚げ」っぽかったです
world10

world10

▼お皿に移せば少しはカップ焼きそば感が薄れるかと思ったが……味は変わらずでした。って当然!?
world7

world7

▼「ワールドダイニング」シリーズ、パッケージがどれも美しいんですよね
world2

world2

world3

▼宣伝動画。皆さんはどれが食べたくなった?