納豆にひと工夫! ボリューム&栄養マシマシのヘルシー丼でずぼらにダイエット

私事ですが、先月1週間ほどフランスに行っておりました。好き嫌いはないし、もちろんフレンチも大好きだし、毎日美味しくパンやチーズをいただいていたわけです。日本食がないからって困ることなんてないと、そう豪語していたんですが…、日に日にアレが恋しく、愛おしく思えてきたわけです。そう、納豆!! やっぱり身体は正直です(帰国後、光の速さで食べました)。

豆腐に醤油に納豆に、大豆という最強の食材に支えられている日本。豊富に含まれる植物性タンパクと食物繊維は美容にとって欠かせないもの! 特に納豆は他の大豆製品に比べ、発酵させることで”脂肪燃焼ビタミン”と呼ばれているビタミンB2が大量に生成されているのでダイエット中にもぜひ食べたいです。

そんな納豆に、低カロリー食材のひじきとえのきをどっさりプラスして痩せ効果抜群の満腹ねばねば丼にしてみました.

ボリューム&栄養たっぷりヘルシー納豆丼

材料/1人分310kcal

・納豆 1パック
・生ひじき(なければ乾燥ひじき) 大さじ2程
・えのき 1/2株
・納豆に添付のタレ 1袋
・めんつゆ 大さじ2
・玄米(なければ白米)軽く1膳分
・ねぎやキムチ お好みで

作り方

1. 乾燥ひじきの場合は袋に書いてある指示に従い、戻します。

2. えのきは1〜2cmに切り大きめの耐熱皿に入れ、めんつゆをかけてラップをして2〜3分レンジで加熱します。

3. 納豆、ひじき、えのき、添付のタレを混ぜ、ご飯にかけたら完成〜! お好みでねぎなど散らして。

何を足しても美味しい納豆。過去にもちょい足し納豆6選の記事を書いたので読んでみてください。

ちなみに白米と玄米、見た目や食感が違うだけだと思ったら大間違い! カロリーだけ比べるとそんなに変わらない両者ですが、玄米のが断然栄養価が高いのです。

糖質を効率よくエネルギーに変え、肥満の防止が期待できるビタミンB1、酵素の働きをサポートするマグネシウムは白米の5倍! 食物繊維はなんと6倍も含まれるのです!! 今日からはあなたも玄米ライフをぜひ〜

illustration&photo:小鳥遊しほ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。