【あなそれ】浮気してるとき、パートナーの本妻に会いに行きますか? 浮気相手の妻に会いに行く美都に「それはやったらアカンでしょ」の声が…

毎週火曜夜10時より放送中のTBSドラマ、“あなそれ” こと『あなたのことはそれほど』。

2017年5月16日に放送された第5話では、波留さん演じる主人公・美都(みつ)は、自分の浮気相手である有島の妻(仲里依紗さん)に会いにいきます。そして東出昌大さん演じる美都の夫・涼太も、妻の浮気相手である有島(鈴木伸之さん)のところへ向かうという、ドッキドキのシーンが登場。

特に東出さんのシーンは鳥肌もので、ややホラーともいえる展開に、有島と一緒に「こえーーーーー!!!」と叫んでしまったという方も少なくなかったことでしょう。

【あなたならどうする!?】

人生は長いわけでして、自分が意図しようとしまいと、浮気をした・されたという経験をすることもあるかと思います。すでにそういった経験をしている、という方も少なからずいるかもしれません。

浮気をしているとき、もしくは相手にされたとき、果たしてあなたは美都や涼太のように直接会いに行くでしょうか? ドラマ放送中、そして放送後にもツイッターをチェックしてみたところ、この件に関してたくさんの意見が寄せられていたようです。

【ツイッターの声】

「それ浮気相手最大のタブーだよね」
「家に行くとか…… バカなの!?」
「浮気相手の家に行くとか涼太以上に狂ってるやん」
「妻の浮気相手に会いに行くって、どんな神経してるんだろ」
「有島くん殺されると思った」
「何で涼ちゃんはチャラしまが公園デビューする日を知ってるんだろう……??」

*チャラしま=有島

ドラマの中で、美都は有島の家に自ら出向き、一方の涼太は、有島夫妻の公園デビューのタイミングを狙って有島に会いに行っています。

最後に紹介したコメントにもありますが、一体なぜ涼太は有島の行動を把握していたのか、わたしも不思議に思っていました。SNSを駆使して調べてる、とか? それとも探偵でも雇ってるの? 涼太のこういうところが、ものすっごくホラーなんですよね……。

【友人が “浮気相手の本命” に会いに行こうとした話】

わたしなら、 “浮気相手の妻に会いに行く” とか “自分の夫の浮気相手に会いに行く” とか、そんな修羅場にしかならないようなこと、自分からはぜーーーったいにできません。地獄絵図しか想像できないし、いいことが1つもないような気がするから。

しかし友人のMちゃんは、「実際に会いに行こうとしたことがあります!」と一言。Mちゃんはかつて、本命の彼女がいる男性を好きになってしまったことがあるのだそうで、自分は2番目の女、つまり浮気相手だったことがあるのだとか。

「浮気されたとき(というか、わたしが浮気相手だったんですけど)、ネットを駆使して本命彼女が誰なのかを調べ上げ、その女性の最寄駅や職場も探し出しました。会いに行くかさんざん迷ったあげく、結局実行はしなかったけど。『わたしなにやってんだろう』と思ってしまって」

いや、会いに行かなくてよかったんじゃないかな。つーか、 “ネットを駆使して調べ上げた” ってさらっと言ってるけど、恐怖でしかないよ。FBIかよ……! アンタ可愛い顔して、そんな才能あったんかい。

それにしてもMちゃん、本命彼女に会ってどうするつもりだったの?

「会いに行こうとした理由は……『どんな人なんだろう』っていう純粋な興味。あとは『あなたの彼氏は浮気をしていますよ、その相手はわたしですよ』って知らせるため、ですかね」

まあ、気持ちはわからなくもないけど……そんなドロドロな昼ドラみたいな展開、自分から起こしたくないわ~い!

さて第6話は、一体どんなストーリーとなっているのでしょうか。反撃モードに入った涼太がどんな行動に出るのかちょっぴり怖いけど、なにかスゴイことをやってくれそうで、期待せずにはいられないわっ。

参照元:TBS「あなたのことはそれほど」TBSオンデマンドTwitter #あなそれ
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼殺伐とした公園シーンの裏側は、実はほのぼのムード(笑)

▼仲里依紗さんがどう出るのか、個人的には1番気になってます